1. MIKKI BLEU
  2. artist
  3. privatesoulmusic

MIKKI BLEU

mikki_bleu

Biography

テキサス州ヒューストン出身。本名:ジョン・ケネス・ウィリアムズ(John Kenneth Williams)。12歳の頃からスクールバンドで活躍。82年に、ファンクバンド:グラス(Glass)のリーダーとしてメジャーデビュー。アルバム1枚を残す。

コン・ファンク・シャン(Con Funk Shun)ギャップ・バンド(The Gap Band)などのツアー・メンバーとして活躍しつつも、自身の活動を模索。85年からエレクトラ(Elektra Records)に籍を置く。しかしながら、特に目立った活動は無く、翌年にはクラブ・ヌーヴォー(Club Nouveau)にツアー・メンバーとして加入する。正式加入ではなかったところから、やはり彼はソロでの活動を望んでいたものと推測される。

89年にEMIより『I Promise』で、ようやくソロ・デビュー。翌々年にもセカンド『Gimme The Key』をリリースするも、メジャー作品はここまで。現在まで続く、インディ配給に身を置くことになる。

しかし、この“インディに籍を置く”ことが大切なのだろうと考える。ミキの(時に怪しげな)世界観は変わることなく展開することを続けれれたのも、そのおかげと言えるのではないだろうか。93年の3rd『Love Dictionary』からは、ひとりアイズレー(The Isley Brothers)と言えるような甘美でメロウな展開を楽しませてくれている。

また、プロデュース・ワークの評価は高く、91年にはマック・バンド(Mac Band)を、94年にはグルーヴ・U(Groove U)を手がけ、存在感を発揮している。

21世紀に入ってからは音沙汰が無かったが、ついに2008年、帰ってきた。『Back In Tha Building』のリリースには胸が躍った。しかし、アルバムが急に生産中止…。結局筆者は手にすることができなかった…。HMVに注文したが、何度もメーカー側に問合せ中のメールをいただいたことを思い出す…。

もう新作は出さないのか。そんなことを考えさせられる上記の出来事だった。その作品を探し続けていた日々の中、ジェイ・マイカル(Jae Michals)という名前で作品をリリースするという情報が!2013年『Love Redemption』を届けくれた。前回の失敗のないよう、すぐに注文。思わず2枚買ってしまったのであった…。

(2009.07.06/2015.03.06)

Discography

mikki_bleu-gimme_the_keys

『Gimme The Key』

(1991)

mikki_bleu-love_dictionary

『Love Dictionary』

(1993)

mikki_bleu-honeyland

『Honeyland』

(1996)

mikki_bleu-back_in_tha_building

『Back In Tha    Building』(2008)

Jae_michals-love_redemption

『Love Redemption』

(2013) / Jae Michals

TOPへ