1. 2007
  2. « Review(Year) 2006 »
  3. 2005
  4. privatesoulmusic

-2006-

◆NE-YOの登場によるメロディの復権

ニーヨ(Ne-yo)の登場である。彼の登場は、シーンの男性陣に元気を与えた。そして、メロディーの復権。誰もが“So Sick”な状態になり、ヒップホップに押されるR&Bに待ったをかけた。他にも独特の世界観をもったジョン・レジェンド(John Legend)や、渋声で歌う実力派アンソニー・ハミルトン(Anthony Hamilton)が新作を発表し、“男声”ファンを喜ばせた。

一方、女性陣はビヨンセ(Beyoncé)リアーナ(Rihanna)が昨年に引き続きヒット。歌声のほかにルックスでも魅せてくれた。

また、個人的に最大のトピックスとなってしまったのは、ジェラルド・リヴァート(Gerald Levert)の早すぎる死去(11/10:享年40歳)。もうあの世界の新しい扉を叩けないのは残念でならない。また、リンデン・デイヴィッド・ホール(Lynden David Hall)という若い才能も(2/14)、そして年末には大御所ジェイムス・ブラウン(James Brown)(12/25)も逝去。R&Bシーンは最大級の財産を失った。

(2008.12.21)

-2006年の主な出来事- 
  1. 02月:トリノオリンピック開幕
  2. 03月:新北九州空港が開港
  3. 05月:インドネシア・ジャワ島で地震
  4. 06月:シンドラーエレベータ 誤作動事故
  5. 08月:福岡市海の中道大橋で飲酒運転による
        交通事故。子ども3人が死亡
  6. 09月:安倍内閣発足(第1次)
  7. 10月:北海道日本ハムファイターズが日本一
        新庄剛志引退
  8. 10月頃:小中学生、いじめで自殺が相次ぐ。
音楽
レミオロメン「粉雪」
KAT-TUN「Real Face」
映画
『ダ・ヴィンチ・コード』『カーズ』
テレビ
『アンフェア』
流行語
「イナバウワー」「ハンカチ王子」
訃報
岡田真澄(5/29)青木智仁[角松BAND](6/12)
橋本龍太郎(7/1)藤岡琢也(10/20)
はらたいら(11/10)青島幸男(12/20)

-2006年にリリースされた作品-

the_isley_brothers-baby_makin_music

『Baby Makin' Music』
/ THE ISLEY BROTHERS
      feat.RONALD ISLEY

jaheim-ghetto_classics
Avant-Director

『Director』

/ AVANT

ne-yo-in_my_own_words

『In My Own Words』

/ NE-YO

javier-left_of_center

『Left Of Center』

/ JAVIER

freddie_jackson-transitions

『Transitions』

/ FREDDIE JACKSON

mint_condition-live_from_the_930

『Live From The 9:30 Club』

/ MINT CONDITION

donell_jones-journey_of_a_gemini

『Journey Of The Gemini』

/ DONELL JONES

jagged_edge-self

『Jagged Edge』

/ JAGGED EDGE

jesse_campbell-hymns_from_the_heart_vol1

『Hymns From The Heart Vol. 1』

/ JESSE

smuv-grown_man

『Grown Man』

/ SMUV

the_article_3

『The Article 3 EP』

/ Me'SHELL NDEGEOCELLO

methrone-chemistry

『Chemistry』

/ METRONE

boyz_2_men-the_remedy

『The Remedy』

/ BOYZ Ⅱ MEN

glenn_jones-forever

『Forever -Timeless
        R&B Classics-』
/ GLENN JONES

dave_hollister-book_of_david_1_the_transition

『The Book of David:
     Vol.1 The Transition』
/ DAVE HOLLISTER

TOPへ