1. 2020
  2. « Review(Year) 2019 »
  3. 2018
  4. privatesoulmusic

-2019-

◆当Webサイトには追い風が

昨年から引き続くニュージャック~90年代の再評価。年明けからクリス・ブラウン(Chris Brown)シャニース(Shanice Wilson)の名曲「I Love Your Smile」を借用した「Undecided」をリリース。現代風にアンビエントに近づける雰囲気で歌って見せる。また、グラミーにもノミネートされた「No Guidance (feat.Drake)」も背景にチャカポコがちりばめられ、さながらキース・スウェット(Keith Sweat)といったところだろうか。

そのグラミー賞だが、ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)が主要4部門を独占という快挙を達成。最優秀R&BソングはPJモートンfeat.ジョジョ(PJ Morton feat.Jojo)「Say So」。シンプルなメロディで音数を削ぎ落したエヴァ―グリーンな楽曲であり、時流とは無縁ともいえるものであった。
 最優秀R&Bアルバムはアンダーソン・パーク(Anderson .Paak)の『Venture』。アンビエントとは遠い距離にありそうな嗄れ声で歌い、はたまたスモーキー・ロビンソン(Smokey Robinson)とのデュエットで70年代の回顧を見せる器用な作品。この2組の受賞から、ますます「流行りってなんなんだ⁇」と考えさせられてしまった。

そんなグラミーの結果を受けながらも、時流は変わらなかった。上記クリス・ブラウンの他にも、ニーヨ(Ne-Yo)が「Genesis」、年末にはタキシード(Tuxedo)も「Vibrations」でニュージャック。さて、いつまで続いてくれるのか…。

また、昨年同様にニュージャック後ともいえる90年代へのリスペクトも見えてきている。ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)カーディ・B(Cardi B)と歌った「Please Me」を筆頭に、昨年から引き続きアンバー・マーク(Amber Mark)「Put You On feat. DRAM」が年を越えても話題となり、エラ・メイ(Ella Mai)のようなヴォーカルに比重をおいたアーティストもさらに指示を伸ばした。
 グループも少しずつ生まれてきており、ネクスト・タウン・ダウン(Next Town Down)には期待せずにはいられない。彼らを後押しするようにベテラン勢もシーンへ復帰。ベイシック・ブラック(Basic Black)3rdストーリー(3rd Storee)らがアルバムを発表した。

それから、ビヨンセ(Beyoncé)のライブアルバムのボーナストラックからヒットした、メイズ(Maze featuring Frankie Beverly)のカヴァ「Before I Let Go」や、マライヤ(Mariah Carey)の「A No No」でのジェフ・ローバー・フュージョン(Jeff Lorber Fusion)「Rain Dance」(よく使われてはいるが…)のサンプリングなど、筆者的にうれしい温故知新があった。

ニュージャック、90年代、良質なカヴァ…。さぁ期は熟した。後はヴォーカル・グループが登場する順番。出てこい!熱い男(漢)たちよ!

(2020.10.04)

-2019年の主な出来事- 
  1. 03月:コカイン使用の容疑でピエール瀧が逮
        捕される
  2. 03月:イチローが引退
  3. 05月:令和に改元
  4. 06月:吉本、闇営業問題発覚
  5. 07月:セブンイレブンが沖縄に出店。これで
        全都道府県に出店となる。
  6. 07月:京都アニメーション放火殺人事件
  7. 09月:ポケベルのサービスが終了
  8. 09月:ラグビーワールドカップ日本大会が開
        幕。日本はベスト16に進出。
  9. 10月:消費税が8%→10%に
  10. 10月:首里城が火災
  11. 11月:MDMAを所持していたとして沢尻エリ
        カが逮捕される
  12. 11月:新国立競技場が完成
  13. 12月:宇高航路、109年の歴史に幕
音楽
Foolin「パプリカ」
映画
『アナと雪の女王2』『天気の子』
   『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
ドラマ
『時効警察はじめました』
流行語
「ONE TEAM」「タピる」「〇〇ペイ」
訃報
ラリー・カニンガム(1/10) 市原悦子(1/12)
   ジェームズ・イングラム(1/29) 内田裕也(3/17)
   アンドレ・ウィリアムス(3/17) 萩原健一(3/26)
モンキー・パンチ(4/11) 小出義雄(4/24)
   メルヴィン・エドモンズ(5/18) 髙島忠夫(6/26)
   ジャニー喜多川(7/9)アート・ネヴィル(7/22)
金田正一(10/6) 八千草薫(10/24)
   ニック・パウエル*(11/7) 木内みどり(11/18)
   中曽根康弘(11/29)ジュース・ワールド(12/8)
梅宮辰夫(12/12)

*ヴァージンレコード創設者

-2019年にリリースされた作品-

ella_mai

『Juliet』

/ NEXT TOWN DOWN

『Love And Compromise』

/ MAHALIA

『Angels Pulse』

/ BLOOD ORANGE

『Ventura』

/ UNDERSON .PAAK

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ