1. 2005
  2. « Review(Year) 2004 »
  3. 2003
  4. privatesoulmusic

-2004-

◆シカゴ・ステッパーの回帰

シカゴ勢の活躍が目立った。カニエ・ウェスト(Kanye Omari West)は、R&Bとヒップホップの“良い関係”を作るのがうまい。前年より好調維持したR.ケリー(R.Kelly)は“ステッパー”だけでアルバム1枚を作るという、売れている人しかできない業を成し遂げた。歌を重視したダンス感は、古いソウルファンも喜んだハズ。

インディ・ソウルでもいい作品が連発されるようになり、徐々にインディ“落ち”という言葉がふさわしくなくなってきている。アーティストが本当にやりたいことをするならば、インディを選ぶという選択肢になったといえる。

歌物といえば、“クランク&B”の誕生だ。これによるアッシャー(Usher)の活躍は目覚しかった。女性陣もシアラ(Ciara Princess Harris)が同じ路線でヒットした。

また、レイ・チャールズ(Ray Charles Robinson)が6月に、リック・ジェイムス(Rick James)が8月に死去。レイは、死後となってしまうが、グラミーの主要4部門のうち、最優秀アルバム、ソングの2冠を獲得する。

(2005.11.26)

-2004年の主な出来事- 
  1. 01月:自衛隊イラク派遣開始
  2. 01月:鳥インフルエンザ発生
  3. 03月:スペインのマドリードで列車爆破テロ
  4. 03月:九州新幹線部分開業
       (新八代-鹿児島中央)
  5. 08月:アテネ・オリンピック開幕
  6. 10月:新潟中越地震発生
  7. 12月:スマトラ島沖地震発生
音楽
松平健「マツケンサンバII」
*ミリオン・ヒット・シングルがゼロ
プロ野球
プロ野球初、ストライキ決行
オリックス・近鉄が合併し、東北楽天ゴールデン
イーグルス誕生
ダイエーがソフトバンクに身売り
ドラマ/流行
「冬のソナタ」による韓流ブーム
流行語
「チョー気持ちいい」「気合だ~っ」
訃報
いかりや長介(3/20)
レイ・チャールズ(6/10)
リック・ジェイムス(8/6)
姫神(10/1)松原みき(10/7)

-2004年にリリースされた作品-

gerald_levert-do_i_speak_for_the_world
ojays-imagination

『Imagination』

/ THE O'JAYS

geno_young-the_ghetto_symphony
carl_thomas-lets_talk_about_it
myron-free

『Free』

/ MYRON

kashif-music_from_my_mind

『Music From My Mind』

/ KASHIF

honey_brown-honey_brown

『Honey Brown』

/ HONEY BROWN

samson-atmosphere

『Atmosphere』

/ SAMSON

rahsaan_patterson-after_hours

『After Hours』

/ RAHSAAN PATTERSON

jon_b-stronger_everyday

『Stronger Everyday』

/ JON B

h-town-imitations_of_life

『Imitations Of Life』

/ H-TOWN

incognito-adventures_in_black_sunshine

『Adventures
      In Black Sunshine』
/ INCOGNITO

profyle-liars_cheaters

『Profyle: Liars! Cheters!』

/ PROFYLE

mario_winans-hurt_no_more

『Hurt No More』

/ MARIO WINANS

boyz_2_men-throwback

『Throwback vol.1』

/ BOYZ Ⅱ MEN

smooth_approach-the_sensual_collection

『The Sensual Collection』

/ SMOOTH APPROACH

TOPへ