1. 1997
  2. « Review(Year) 1996 »
  3. 1995
  4. privatesoulmusic

-1996-

◆目覚ましい男性陣の活躍

男性ヴォーカル陣、非常に元気であった年だ。前年末のソロ(Solo)のデビューもあり、引き続きニュー・クラシック・ソウルがシーンを覆っていた。マックスウェル(Maxwell)エリック・べネイ(Eric Benét)トニー・リッチ(Tony Rich)がデビューする。テヴィン・キャンベル(Tevin Campbell)の作品でもその傾向を確認することが出来る。

また、アイズレー・ブラザーズ(The Isley Brothers)キース・スウェット(Keith Sweat)トニー・トニー・トニー(Tony Toni Toné)などが完成度の高い作品を発表。ニュー・エディション(New Edition)はリユニオンを果たし、カーティス・メイフィールド(Curtis Mayfield)は病床で録音した新作をリリースし、プリンス(Prince)はワーナーを離れて自由を手に入れるなど、とにかく男性の活躍が目立つ。

ヒップホップ界では、2パック(2Pac)が殺害[翌年にはビギー(The Notorious B.I.G.)も!]され、やや落ち込んだ時期に入る。

(2005.11.25)

-1996年の主な出来事- 
  1. 01月:橋本政権発足
  2. 04月:Yahoo!JAPANがサービスを開始
  3. 04月:キャナルシティ博多がオープン
  4. 06月:福岡空港でガルーダ航空機離陸事故
  5. 07月:アトランタ・オリンピック開幕
  6. 09月:民主党結党
  7. 12月:ジョンベネ殺害事件
音楽
久保田利伸with NAOMI CAMPBELL
      「LA・LA・LA LOVE SONG」
スピッツ「空も飛べるはず」
ドラマ
「古畑任三郎」「白線流し」
流行語
「メークドラマ」
「チョベリバ/チョベリグ」
訃報
渥美清(8/4)
その他
O157大流行

-1996年にリリースされた作品-

eric_benet-true_to_myself

『True To Myself』

/ ERIC BENET

keith_sweat-keith_sweat

『Keith Sweat』

/ KEITH SWEAT

maxwell-urban_hang_suite
the_isley_brothers-mission_to_please

『Mission To Please』
/ THE ISLEY BROTHERS
     feat.RONALD ISLEY

swv-new_beginning
meshell_ndegeochello-peace_beyond_passion

『Peace Beyond Passion』

/ MESHELL NDEGEOCELLO

dru_hill-self

『Dru Hill』

/ DRU HILL

blackstreet-another_level

『Another Level』

/ BLACKSTREET

d_angelo-live
johnny_gill-lets_get_the_mood_right
tevin_campbell-back_to_the_world

『Back To The World』

/ TEVIN CAMPBELL

renaizzance-renaizzance

『Renaizzance』

/ RENAIZZANCE

tony_toni_tone-house_of_music

『House Of Music』

/ TONY TONI TONE

2_d_extreme-one_extreme_to_another
nais-str_8_from_da_boot
incognito_ beneath the surface
babyface-the_day

『The Day』

/ BABYFACE

montell_jordan-more

『More...』

/ MONTELL JORDAN

jesse_powell-self

『Jesse Powell』

/ JESSE POWELL

celetia-runaway_skies

『Celetia』

/ CELETIA

mint_condition-definition_of_a_band

『Definition Of A Band』

/ MINT CONDITION

case-self

『Case』

CASE

men_of_vizion-personal

『Personal』

MEN OF VIZION

quindon_tarver-quindon

『Quindon』

QUINDON TARVER

troi-the_album

『The Album』

TROI

 

TOPへ