1. Vol.9
  2.  « Nice’n Slow Vol.8 » 
  3. Vol.7
  4. privatesoulmusic
block
『Holding Back The Years』(2001.01.21)
-Nice’n Slow vol.8-

Beyond The Colors... Beyond The Nations...

偏見と言われるだろうが、ソウルってやっぱりアフリカン・アメリカンには勝てないと思っている。育った環境、信仰心、ゴスペルの影響などなど。日本人には到底及ばないと思っている(だからといって、日本人のアーティストを否定するわけではないし、よく聴いたりもします。)。しかしながら、ここで紹介したいのは白人であり、UKのミック・ハックネル(Mick Hucknall)を中心としたシンプリー・レッド(Simply Red)。「Holding Back The Years」は、アイズレーズ(The Isley Brothers)もカヴァーしたソウルの名曲である。この曲がUSでもヒットしたことにより、彼らが全世界で知られるアーティストになった。

ほかには、②「Twisted / キース・スウェット(Keith Sweat)」⑨「I Care About You / マイルストーン(Milestone)」⑫「Let Me See The Sun / ソロ(Solo)」などの名曲は後にアルバム・レヴューするだろうから、そちらにゆずって、ここではジャンルを超えて⑥「Tell Me Why / フランキー・ナックルズ(Frankie Knuckles)」を挙げたい。ハウスはあまり聴かない筆者だが、この曲は切なすぎる。そこに乗っかるADEVAの声も説得力充分。同じくハウス出身の①「I Will Survive / シャンティー・サヴェージ(Chantay Savage)」も、カヴァ曲とは思えないほど、スロウに変身し、一気にソウル感を増殖させた。

(2005.11.29)

simply_red

SIMPLY RED (Mick Hucknall)

chantay_savage-i_will_survive

01.I Will Survive

/ CHANTAY SAVAGE

keith_sweat-keith_sweat

02.Twisted

/ KEITH SWEAT

simply_red-picture_book

03.Holding Back The Years

/ SIMPLY RED

kelly_price-soul_of_a_woman

04.Soul Of A Woman

/ KELLY PRICE

usher-my_way

05.Slow Jam

/ USHER

farankie_knuckles-welcome_to_the_real_world

06.Tell Me Why / FRANKIE

   KNUCKLES feat. ADEVA

levert-just_coolin

07.Start Me Up Again

/ LEVERT

soul_train_christmas

08.Special Gift / THE ISLEY
  
   BROTHERS feat. R.ISLEY

babyface-mtv_unplugged

09.I Care About You

/ MILESTONE

danacee-the_natural_coolness

10.Share My Song

/ DANACEE

uncle_sam-uncle_sam

11.Leave Well Enough Alone

 / UNCLE SAM
solo-4_bruthas_and_a_bass

12.Let Me See The Sun

/ SOLO

for_real-free

13.Love Will Be Wating At Home

/ FOR REAL

cdb-glide_with_me

14.Who Needs Tomorrow

/ C.D.B.

lsg-levert_sweat_gill

15.Drove Me To Tears

/ LSG

curtis_mayfield-new_world_order

16.Oh So Beautiful

/ CURTIS MAYFIELD

TOPへ