1. 1999
  2. « Review(Year) 1998 »
  3. 1997
  4. privatesoulmusic

-1998-

◆ロドニーとデスチャの台頭

ブランディー&モニカ(Brandy & Monica)「The Boy Is Mine」がよくラジオから流れてきていた。手がけたのは、テディ・ライリー(Teddy Riley)の弟子であった、ロドニー・ジャーキンス(Rodney Jerkins)。この曲をきっかけに、プロデューサーとしての地位を確立していく。

それから、今後のシーンを引っ張っていくことになるデスチャ(Destiny’s Child)がデビュー。全員81年生まれなのに、8年の下積みがあったという時点で、他のグループを一歩リードしていた。また、ローリン・ヒル(Lauryn Hill)がソロデビューし、歌に重きをおいた作品を発表。R&Bは、更なるヒップホップとの融合を見せていく。

男性はドゥルー・ヒル(Dru Hill)が2nd発表。本格的な深いヴォーカルを聴かせてくれるアリ(Ali)、UKからの刺客リンデン・デヴィッド・ホール(Lynden David Hall:r.i.p.)などもデビューしている。

(2005.11.25)

-1998年の主な出来事- 
  1. 02月:長野オリンピック開幕
  2. 04月:明石海峡大橋開通
  3. 07月:和歌山カレー事件発生
  4. 08月:iMac発売
  5. 10月:横浜ベイスターズ、38年ぶりに優勝
  6. 10月:「おじゃる丸」放送開始
音楽
GLAY「誘惑」
モーニング娘。、宇多田ヒカルデビュー
映画/ドラマ
「HANA-BI」「アルマゲドン」
「ショムニ」「GTO」
流行語
「ハマの大魔神」
「だっちゅーの」
訃報
HIDE(5/2)
フランク・シナトラ (5/14)

-1998年にリリースされた作品-

gerald_levert-love_and_consequences

『Love & Consequences』

/ GERALD LEVERT

keith_sweat-still_in_the_game

『Still In The Game』

/ KEITH SWEAT

maxwell-embria

『Embrya』

/ MAXWELL

dru_hill-enter_the_dru

『Enter The Dru』

/ DRU HILL

kashif-who_loves_you
ali-crucial
glenn_jones-its_time

『It’s Time』

/ GLENN JONES

4kast-any_weather

『Any Weather』

/ 4KAST

ol_skool-ol_skool

『Ol Skool』

/ OL SKOOL

andrea_martin-the_best_of_me

『The Best Of Me』

/ ANDREA MARTIN

entourage-the_fall_backs_of_a_playa
xscape-traces_of_my_lipstick
montell_jordan-lets_ride

『Let’s Ride』

/ MONTELL JORDAN

jesse_powell-bout_it

『’Bout It』

/ JESSE POWELL

keith_washington-kw

『K.W.』

/ KEITH WASHINGTON

troop-mayday

『Mayday』

/ TROOP

myron-destiny

『Destiny』

/ MYRON

ricky_jones-self

『Ricky Jones』

/ RICKY JONES

mint_condition-the_collection_1991-1998

『The Collection:1991-1998』

/ MINT CONDITION

celetia-runaway_skies
tyrese-same

『Tyrese』

/ TYRESE

smuv-we_give_good_lovin
willie_max-bona_fide

『Bona Fide』

/ WILLIE MAX

rated_r

TOPへ